店舗内装の工事前にしておいた方がいいことは?

店舗内装の工事前にしておいた方がいいことは?

店舗内装の工事前には、考えてみれば色々としておいた方がいいことがあると気がつくのではないでしょうか。
店舗内装はお店の開店に合わせて工事を始めるものですから、順調に進んだり予定通りに終わるかどうか確認が大事です。
資材の搬入に遅れが生じると作業にも影響するので、仕入れに問題がないか確認をしたり、在庫切れで入荷待ちであれば、代替の資材を検討することも必要だと思われます。
また開店に遅れが生じる恐れがある場合は、開店準備の計画も見直したり、設備や資材の搬入の予定も見直す必要が出てきます。
しかし、特に大事なの店舗内装の内容に問題がないか確認することです。
作業が始まってから計画そのものに問題があることが発覚すると、大幅な修正に迫られることになるので、結果として開店の遅れが避けられないです。
そういう事態を招かない為にも、店舗内装は業者に丸投げをするのではなく、自分で準備の進捗状況を把握したり、都度確認をしながら予定通りか変更は必要ないか理解することが重要ではないでしょうか。

店舗内装の工事で心掛けたい挨拶についてのポイント

店舗内装は業者に工事を任せることが一般的ですが、その際に挨拶を忘れず心掛けることが大切だといえるのではないでしょうか。
工事に取り掛かる前の挨拶は、作業が終わるまで印象に残ることになり得るので、作業をする人達と信頼関係を作るつもりで丁寧な内容を考えて伝えることをおすすめします。
ポイントとなるのは、この人に為に丁寧に作業して喜んでもらいたい、そう思ってもらうことにあります。
店舗内装はお店の開店だったり、集客に影響する要素となりますから、自分の店を持つ憧れが実現することを内容に盛込んだり。
夢が叶う喜びが伝わるようにすることが大事です。
工事が始まってからも、作業をする人と顔を合わせる時には手短でも声を掛けるのが正解です。
仕事を労ったり、労いの気持ちを形にあらわすつもりで、飲み物などの差し入れをするのも1つのポイントです。
そうして信頼関係を築き保つ心掛けをすることで、店舗内装は丁寧に仕上がり、満足の結果が得られることになるのではないでしょうか。

著者:神保重

筆者プロフィール

北海道虻田郡生まれ。
自身の店で店舗内装を実施しました。
ここでは経験を基に、情報をまとめていきます。